活動レポート

ひび健太郎Facebookフェイスブック

ひび美咲Facebookフェイスブック

ひび美咲のプロフィール

1985
1月2日 千葉県船橋市に生まれる。 
兄と弟の間に挟まれ、男勝りに育つ。
森では昆虫採集。海や川では魚釣り。
生物大好き&裸足で野山を走り回る、活発な幼少時代を過ごす。
小学校時代
絵を描くのが好きで、絵を描いたり読書ばかりしていたので、急激に視力が悪化。ベンゾーさんみたいな眼鏡をかけていた。絵を描くのは得意。
一方で自由すぎる事を危惧した母が、習い事に通わせ始める。
ピアノ、水泳、水球、空手、そろばんと毎日習い事に通う。
中学校時代
親戚のお兄さんと遊んだバドミントンが楽しくて、ソフトテニス部に入部。
入って全くの別物である事に愕然とする。
それでも3年間練習に励んだ部活動は良い思い出。
高校時代
自宅から自転車で通える距離の高校へ進学。
「高校生はお小遣い無し」と、バイトに励む様になる。
コンビニ、チラシ配り、居酒屋のバイトに励む。
幼少期に行った台湾旅行で、中国語に興味をもつ。
高校卒業を機に台湾へ留学をしようと考え、目標額100万円を達成し無事留学。
留学時代
留学先でふれ合う多国籍の人々や文化にカルチャーショックを受ける。
うまく中国語の発音ができず、店で物が買えず飢える。
喋れないので、ボディランゲージがうまくなる。
日本語教師、ベビーシッター、日本居酒屋とバイトに励む。
喋れないと生活できないおかげで中国語はめきめき上達。
現地の日系設計会社へ就職
入社当初は、「現場で学べ」と現地の職人さんから、そして工事現場で内装工事の基礎を学ぶ。木屑とホコリまみれの中、職人さんと喧嘩する事もしばしば。
製図やパース作成、プレゼン資料作成に毎日帰りは深夜1時過ぎ。
会議室の床で寝る事もしばしば、その頃ついた根性が今に生きる。
今でも内装の工事現場の匂いや音に懐かしさを覚える。
一方で、仕事をしながら中国語のボランティア活動をする。
通訳のボランティアを通じて、当時台湾へ旅行に来ていた日比健太郎と出会う。
政治家を初めて生で見る。一番最初に聞いた質問は、「なんで政治家になろうと思ったのか」。
価値観や人生観、政治観をお互い話していくうちに意気投合。
その後、遠距離恋愛を経て結婚。
結婚の決め手は、「決断力と人生のバランス力」。
結婚後はなかなか子どもが出来ずに不妊治療を視野に入れ始めた頃、妊娠。日に日に大きくなるお腹を見ながら、夫婦で会えるのを心待ちにしている最中、主人の病気が発覚、そのまま即日入院。
出産予定日まで残り一ヶ月のことだった。
無菌病棟での入院のため、出産の立ち会いはほぼ不可能でしょう、と担当医に告げられる。
主人が入院して一ヶ月経った6月17日、一時退院。その朝、予定日より一週間早く破水。
主人の一時退院と同時に入院。立ち会いは不可能だろうと言われていたが、
奇跡的に出産に立ち会い、しっかりと我が子を抱いてもらう。
その後、白血病に伴う治療で骨髄移植を決意。
骨髄バンクへ登録後、4人のドナーが見つかるものの同意が得られず、臍帯血移植を行う。
2016年11月3日、移植後の合併症で帰らぬ人となる。
闘病中も、病室でパソコンを開き仕事を続ける主人の隣で、彼の政治への想いや、病気になったからこそわかった事を共有。闘病生活を支えながら、「彼の想いを無くしてはならない。息子にとってのパパママ一人二役をやろう」と心に決める。
息子が産まれて半年、乳離れもしておらず、せめて四十九日の法要が済むまでは、と思うものの、この機会を逃せば二度と健太郎さんの意志を繋ぐ機会は巡って来ない、と50日以内に行われる補欠選挙に出馬を決意。
初めての選挙は右も左もわからず、子どもに授乳しながらの選挙活動でしたが、名東区の皆様からの温かいご支援を頂き、初当選。
2017年、夫の遺した『ひびプラン』がマニフェスト最優秀賞を受賞。

役職:所属委員会

2016
経済水道委員会
2017
健康福祉委員会
2018
経済水道委員会

[メッセージ]
夫の急逝から1年半が経ち、日に日に夫に似てくる息子は2歳になりました。
市会議員として活動をしていく中で、病気や障がいと共に生きる方々から子育て中のママ、共働きの方まで多くの方と出会い、それぞれの課題が身に染みています。一歩ずつではありますが、その課題ひとつひとつに真摯に向き合っていきたいと考えています。
責任ある「いま」の担い手として、次世代へのバトンを繋いでいきます。

hm_copy_violet3私の5つのお約束

  1. 子ども達の学び・育ちを、政治の力で支えます。
  2. 敬老パスを堅持し、利用拡大を目指します。
  3. 骨髄バンクの普及啓発と、患者や家族を支える環境を整えます。
  4. 市民のいのちと生活を守り、将来世代につなげます。
  5. 出来る事、出来ない事を正直に提案する政治を実現します。

ひび健太郎の政治姿勢

私の目指す社会は、持続可能で、将来に安心感をもてる社会です。
子どもたちが健やかに育ち、何事にも積極的にチャレンジができる社会こそ、
今の日本が目指すべき理想ではないでしょうか。

hibiken201411b

01.充実した教育、子育ての実現

私が最も大切にしたいのはひとづくり。
「国づくりはひとづくりから」
優秀な人材が育つことこそ、この国や地域の将来を明るいものにし、発展してゆく唯一の方法です。そのために、保育園、一時保育、リフレッシュ保育など、子育て支援策の拡充や経済的支援、放課後児童対策の充実や、子どもの学力向上に社会性を育むための教育方法の導入など、子どもにかける社会資源を拡大し、あらゆる面から子どもたちの育ちを支えます。

02.「あれもこれも」から「これだけは」へ

市民サービスは過去ずっと肥大化を続け、現在では毎年の収支が成り立たない状態です。このままでは、医療や福祉などの絶対に必要なサービスも維持できなくなる危険性が高く、すでに国政では、年金や介護の削減が進められています。やるべきことはやる、我慢すべきところは我慢する。正直で持続可能な政治に改める必要があります。

03.信頼できる市政に

目先のことだけでなく将来を見据えた計画的な行政こそ何よりも大切です。人気取りや、パフォーマンスで、たくさんの新人議員を出した、河村市長率いる減税日本からは、税金の不正受給や詐欺、当て逃げ、女性を伴った視察や薬事法違反など、問題が相次ぎました。持続可能で信頼できる市政の実現こそ、連綿と続く姿勢に、そしてこれからの市民生活に必要です。

ひび健太郎の想いをつなぐ5つのお約束


機関紙(号外)

ひび美咲機関誌2018夏号

ひび美咲機関誌2018初夏号

民主プレス2018春号


ひび美咲機関誌2017冬号

ひび美咲機関誌2017秋号

ひび美咲機関誌2017夏号


ひび美咲事務所のご案内

AccessMapアクセス地図

Contact連絡先

  • 〒465-0025
    名古屋市名東区上社1-402 柴昭ビル1E
  • TEL : 052-777-3193
    FAX : 052-777-7330
  • 平日午前10時〜午後5時まで

事務所は地域の方々が交代で常駐していただいています。
ほとんどの方が小中高生の子育て中の主婦さん達で、事務所の留守番や事務作業などをサポートしてくれています。
平日10時~5時まで開設しておりますので、地域のことでお気づきの点やお困りごとなどございましたらお気軽にご相談ください。